本文へジャンプ

学校長のページ

*o○☆○o*:;;;:*o○★○o*:;;;:*o○☆○o*
  平成30年度 あげな中学校 学校長
*o○☆○o*:;;;:*o○○o*:;;;:*o○☆○o*

就任あいさつ

あげな中学校の保護者、地域の皆さん、はじめまして、平成30年度の人事異動で、あげな中学校の校長に赴任してきました安田智(やすださとし)です。
 平成30年3月の卒業式であげな中第56期生の生徒が、学び舎を巣立っていきました。数多くの卒業生を輩出している伝統あるあげな中学校に赴任して、身の引き締まる思いです。今年度は、うるま市内の10校の中学校の中でも在籍数が一番多く、全校生徒258名(4月10日現在 25学級)でスタートしました。

 就任式と入学式の時には、在校生(新2年生、新3年生)が歓迎の歌として「夢の世界を」合唱、体育館内に大きく響き、新職員や新1年生を迎えてくれた場面がとても感動的でした。私自身、式前に大きな歌声で迎えられたことは、教員として初めてで、感動を与えることが出来る中学校に赴任できて、本当に良かったと思います。
 さて、あげな中学校の学校教育目標、下の3つを掲げています。
 【自主】進んで学習し、考えて行動する(知育)
 【共生】自他共に大切にする(徳育)
 【頑健】心身共にた くましくなる(体育)

 これからの社会は変化の激しい時代で、たくましく生き抜くためには、「知」「徳」「体」のバランスのとれた力を身につけさせることが必要と考えます。
中学校3年間において「学ぶ楽しさ」や「基本的な生活習慣」を確立し、「主体的で自立した学び」を身につけさせ、生徒たちの自己実現にむけ指導して参ります。
また、うるま市教育委員会では、市民協働学校制度(コミュニティースクール)を導入してきています。これからの学校は、保護者や地域の方々の願いに耳を傾け、子ども達の成長を学校、保護者、地域が一緒になって創っていくことが求められています。そのために保護者、地域が学校を支える応援団となり、それぞれの役割を担い、協働しながら地域に根ざした学校をめざします。

 最後に、素晴らしい生徒たち、そして、生徒たちの可能性を引き延ばしている職員と一緒になって、いいこといっぱい、あげな中を築きあげていきたいと思います。保護者の皆さん、地域の皆さんご支援ご協力をお願いいたします。
                                                                     平成30年(2018年)6月25日
                                                        うるま市立あげな中学校 校長 安田智